飛翔建設株式会社

イチブトゼンブ

業界最大級の有料業者紹介サービスヌリカエ
お問い合わせはこちら

イチブトゼンブ

イチブトゼンブ

2022/06/30

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日、千葉県内のとある高校でバレーボール部の顧問をしていた男性教諭が、傷害容疑で逮捕されました。すでにニュースをご覧になった方もいらっしゃると思いますが、女子生徒の顔面に至近距離からボールを投げつけたとのこと。

この事実だけだと、100%教諭が悪いですよね。これには疑いの余地はないと思います。

多感な年ごろの女の子にキズを負わせたのは、本当にやっちゃいけないことだと思いますし、男性に対して恐怖心を植え付けてしまったかもしれません。もしそうだとすると、女子生徒の今後が心配です。このことは真摯に反省してもらいたいと思います。

 

一部否認しているとのことなので、真相はこの後の取り調べやおそらく裁判になると思いますが、そこでわかってくるでしょう。

 

ただこの事件、それぞれの立場・年代で感じ方は違うんだろうなと思っています。

これ、昭和生まれの僕が高校生の時、同じような事例は山ほどありました(>_<)

当時このような事例は、もちろん嫌でしたが、当たり前だと思っていました。強くなるためには仕方ないと思っていた、もしくは思い込まされていたのかもしれません。

 

当時の記憶を呼び起こすと、、、ん~確かに体罰的なことは結構あったと思いますねえ。

バレー経験者は知ってると思いますが、”ワンマン” これ今もあるんですかね?

思い起こすとゾッとしますが、真夏の体育館でよくやってたなと...(^^;)

きっと暑さの質も今とは違っていたと思うので、まだ耐えられたのかもしれません。でもやっぱり倒れちゃう人はいました(>_<)

 

ね、例えばマラソンや野球なんかも昔と違って科学的なトレーニングを導入したりしていますもんね。指導者も学んでいかなくちゃいけないんでしょうね。

 

また、この男性教諭の裏側を知れば違った見方ができるのかもしれませんが、すべてを知ることは無理ですもんね。

実は僕はこの男性教諭とホントに人生のイチブで一緒にプレーしたことがあります。

だから気持ち的には嘘であってほしいとは思っています。でも、、、投げつけちゃったのは事実でしょうね(>_<)  反省してまた一から頑張ってほしいと思います。  過去に全国大会まで生徒たちを連れて行ったこと、、、これも事実ですから...

 

”君にしかわからないこと 僕だけが見えていること どれもホントのこと”

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。